読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snowravine's diary

くだらないことばかりを喋りたい

X100Tで目黒〜渋谷

酔い覚ましに目黒〜渋谷をプラプラ

 



_DSF6503



_DSF6509



_DSF6505

X100Tで小豆島・豊島美術館

sea

 

とある機会に、前・十和田現代美術館館長の藤浩志さんから、豊島美術館のことを教えてもらって以来、2年間ほどずっと小豆島・豊島にいきたいと思っていた。

ようやく念願叶って、訪問することができた。

benesse-artsite.jp

 

豊島美術館

Teshima art museum

展示物についてはここでは書くのを控えるが、素晴らしかったし見に行く価値があった。

館内は撮影禁止なので、外観だけ。

 

 

 

小豆島・豊島

cucumber


watermelon


old store


barber


old store


Windmill


ferry


waiting

 

後記

X100Tに、ワイコンXCL-X100を付けたり、外したりしながら撮影。

ワイコンはフードナシで挑んだのと、沖縄のように照りつける小豆島・豊島の日差しが相まって、ハイライトが飛んでしまった写真が大量生産された。

JPG取って出しではどうにもならず、標準の現像ソフト(SILKYPIX)でちょこちょこと記憶に近づける作業。

本当は食事風景なんかも撮ったんだけども、ピントを外していてボツ。MFでフォーカス調整したりするから悪いんだけど、a6000の方がこの辺りのウデの無さをフォローしてくれる感じはある。

 

小豆島は素晴らしくいいところだった。何といっても、魚がとても美味しい。また行きたい。

a6000で北鎌倉・明月院(あじさい寺)

  • Rokinon 50 f/1.2 Lens for Sony E

というレア目のレンズを買ったので、あじさい寺こと明月院へ。

あじさい

 

あじさい

 

あじさい

 

あじさい

 

f/1.2 という極薄の被写界深度、MFということで四苦八苦したのと、天気が良すぎて、あじさいもへばり気味でした。

 

back portrait

 

 

girl

 

50mm (換算 75mm)ということでポートレイト向きです。

どうしても中望遠で、浮き出るような写真が撮りたかったので、F値の極力低いレンズを探して購入。

  • Rokinon 50 f/1.2 Lens for Sony E

このレンズは電子制御が全く効きませんし、a6000はこのレンズをそもそも認識しませんので、「レンズ無しレリーズ」をONにしないとシャッターすら切れません。

シャッタースピードもISOもフォーカスもF値もすべて自分で調整する必要があります。

フォーカスピーキングは機能しますので、この薄いピントエリアを合わせながら、SS・ISO・F値を素早く調整するスタイルになります。

立派なフードが付属していて、ほぼレンズと同じ長さです。

 

a6000はシルバーなので、レンズもシルバーを購入。

Rokinon 50mm f/1.2 Lens for Sony E (Silver) RK50M-E-SIL B&H

 

個人的にはAPS-Cのカメラにはこれくらいのサイズが持ち運びに限界ですね。

a6000で葛西臨海公園

葛西臨海公園の橋を渡った葛西海浜公園

良い天気だったこの日はsony a6000 に sigma 30mm f2.8 dnを付けて出掛けました。

shore

 水面に日がさして綺麗でした。Lightroom 5でプリセット当てています。

 

ダイヤと花の大観覧車

 

ferris wheels

これもプリセット当てています。

 

 

a riveran estuary

 観覧車が頂上に差し掛かったころにゴンドラから一枚。新木場や豊洲方面。

 

現像について

今回は気分でLightroomで加工しまくりました。プリセットを大量に追加したのでプレビューで確認しながら良い感じに思えたもので編集。

この記事を見ながら良さ気なのを適当にプリセットを追加。

coliss.com

 

sigma dp2 merrillを使っていて、如何に現実を現実のまま写しとるかということに執着した撮影をしていた経験からか、プリセットを当てたり加工するのを邪道に感じてしまう感覚が残っているんですが、やはり印象的に仕上がりますね。

lightroomで加工するのは良しとしてもphotoshopの加工は邪道だ、と感じてしまうので論理的に破綻してます(笑)。

X100Tで六義園と旧古河庭園

 

バラが春の見頃ということで六義園旧古河庭園に行ってきました。JR駒込駅を挟んで1.5km圏内にある両庭園、「園結び」というセット入場券も販売されていた(一般400円。その引換券は絵葉書にもなります)のでそれを購入。

六義園旧古河庭園「“園結び”入園引換券発売
http://teien.tokyo-park.or.jp/event/071101_riku.html

 

六義園は文京区にあり、駒込駅は豊島区にあり、旧古河庭園は北区にあるので、わずか1.5kmの徒歩の距離で3区を跨ぐことになります。(どうでもいいことですが・・)

 

find-travel.jp

 

 

旧古河庭園はバラが満開でした。種類によって、花が落ちているもの、これから咲くものと多少のズレはありますが、5月末までは満開です。入園すると、バラの良い香りが立ち込めています。花びらに顔を近づけるとよりいっそう香りが感じられます。

その名も「アロマテラピー」という品目のバラがありましたが、その香りたるや馥郁という表現がピッタリの甘いものでした。

バラは春と秋の二度、花が咲き、春は一斉に花開いて華やか、秋はひとひらひとひらが静かに咲くけれども、香りがより芳醇になると言われています。

 

 この日はテレコンをつけて、思いっきり開放で撮影と決めていました。

blossom

王道ですね・・

 

なお私は純正のネックストラップは付けず、ソニーのリストストラップをつけています。手首に輪を通し、グリップとサムレストで本体を支えるような感じです。パッと撮れるので、オススメですね。

www.sony.jp

 

ただ撮影モードすぎるので同行者からは不興を買います(笑)。写真の優先度を下げるときは、ネックストラップか、カバンに入れておくのがいいでしょうね。

 

X100Tで雨上がり

GWで帰省したら初日の夜に暴風雨に祟られ・・。

障子が破れたり、庭で倒木など大変な目にあいました。そんな状況下でも、雨上がりには素敵なシャッタチャンスがあるかもと思ってしまうのが悲しいサガですね。

ツツジtsutsuji
古びた土管pipe
 大きな木tree
 

まだX100Tの機能に慣れていなく、思った通りの撮影ができることはありません。。

今回は、水滴を狙ってマクロモードにし、AF-Sから更に水滴にフォーカスを追い込もうと思ったのですが、EVF内でフォーカスが拡大してくれるトリガーが分からず、ピーキングもよくわからなかったので結局、自力でピント合わせ。

雨上がりは日差しが強かったのでX100TのNDフィルター機能を使ってみたら、過剰に紗が掛かったような絵になり、ボツ。これはこういうものなのかも知れません。

あと、歪曲が変だなーと思っていたら、前回の撮影からテレコンを使うという設定にしたままにしていて、補正がうまく利かない状態に。これは凡ミスですが帰省中、ずっとその設定だったので帰ってきて凹みました。

それと、今回は全てRAWから現像しました。ツツジは、思いっきりトイカメラ風のフィルターを掛けています。(周辺減光効果のみOFF)

撮って出しのJPEGが良いというFUJIFILM機ですが、そのJPEGを叩き出す事がまだまだ出来ません。精進ですね。

X100Tで渋谷

酔っぱらってトボトボ渋谷を歩いているときに撮りました 

shibuya

モードはX100Tのアドバンスドフィルターで「モノクロ+赤」です。 あとは、本当に便利なスマホアプリ「snapseed」で「グランジ」フィルターを追加しています。

 

play.google.com