読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snowravine's diary

くだらないことばかりを喋りたい

写ルンですで、さくら2016

写ルンですを使った撮影ブログの雰囲気がとても良かった。

 

niko.hateblo.jp

 

ので、真似して買ってみました。Amazonで、1,000円弱。

www.amazon.co.jp

 

驚くほど軽くてコンパクトです。調べたら159gくらい。 スマホくらいですかね。

  

 

近所の神田川の桜が満開だったので一枚。

縦位置で、両側から垂れた桜にフォーカスを合わせて

さくら

トリミングと、あと円形のチルトシフトをかけています。

フィルムだからなのか、心なしか立体感があるように感じますし、なんとも言えない、味わいがあるようにも。

 

撮影はそれなりにコツが必要で楽しい

写ルンですは、ズームもできませんし、フォーカスリングもありません(当たり前だ)。ひたすら自分の足で動き、ファインダー(覗き穴)からレンズのフォーカス部分を、写したいものに合わせる必要があります。レンズは周辺が魚眼レンズっぽく歪むのでついつい日の丸構図に。その、必死でアングルや焦点距離を調整する作業が楽しい。

 

「どう写ったのか?」確認できなくて楽しい

デジカメやスマホと違って、「どう写ったのか?」を液晶モニタで確認することは勿論できません。現像されてくるまでは結果が確認できない、テストの答案用紙を提出するのと同じ感覚です。「今の、どう撮れたんだろうね?」というので連れとワァワァ盛り上がったりします。

昔のフィルムカメラ全盛の時代は、これが当たり前だったんですよね、今更ですが気付かされます。

 

撮影枚数に限度があるのが楽しい

これもオツですね。39枚って半日くらい、あちこち周りながら撮るのにちょうどいいです。24枚だと、慎重になりすぎるかも。

 

データ化の工程が楽しい

カメラのキタムラに持って行き、現像だけ(プリントしない)で、データCDを欲しいと伝えると、1,000円くらいでやってくれました。所要時間は1時間くらいなので、喫茶店でお茶してたらすぐですね。

引き取りに行くと、CDと、ネガフィルムを渡してくれます。ネガフィルムなんて触るのは20年ぶりくらいで、懐かしくて嬉しくなります。

撮影済みの写ルンですを送ったら、dropboxgoogle driveに放り込んでくれるサービスなんか誰かがやってくれたらいいですが、自分がそのサービスをやる立場になったことを想像すると、ちょっとコストがペイしないですね。

 

まとめると

  • 写ルンですで撮ると、フィルムならではの雰囲気の良い写真が気軽に撮れる!
  • 写ルンですを一個持ってでかけると一日楽しい!盛り上がる! 
  • 写ルンです本体と現像も含めて2,000円くらいで楽しめる!

またムズムズしたら、写ルンですを買って出かけようと思います。